外国人採用に向けて取り組むこと

オリンピックの開幕とともに増え続けてきている、日本にいる外国人の留学生や滞在者の数が軒並み増加傾向にあるのは目に見える実体験でも分かる通りの中、実際に大手企業の3社に2社は外国人雇用を採用している会社が増えているほど、日本の社会の場でもグローバル化が浮き彫りになってきています。

外国人を雇用することで企業はこれから必要な海外に向けたさまざまなニーズを満たすべく、「外部からの刺激を得られる」メリットなどが挙げられているが、ただ単に求人募集にかけるだけでは雇用する側も、また雇用される側にとっても食い違いなどのトラブルを招く恐れが非常に高いので、そこで外国人採用に向けて必要な取り組みをいくつかご紹介したいと思います。

以前のイメージでは雇用する会社側にとって「人件費が安く済む」といった状況ではあったものの、長期雇用を目指すのであればそのような考えはまず取り下げた方が万全な取り組みと言えます。

仮に人件費の面で低価格を求めるのであれば、初めから短期アルバイトのような形式で入れ替わりの採用を前提にすべきなのです。

また職種によってはある程度の専門知識を身に着けた外国人の採用の必要性が伴いますが、面接や書類などで判断するのは難しいのが現状で、その場合はグローバルな事業展開を目指す企業様向けに高い実績や経験を積んでいる、外国人採用・求人コンサルタント会社に相談し依頼することも一つの重要な取り組みになります。

例えばコンサルタント会社では、海外現地法人の幹部候補社員を採用、留学生募集に向けた会社説明会の開催、募集にあたっての有効的な手段のノウハウなどの対応も可能で、さらには雇用した際のビジネスマナーなどの開催まで対応が可能なので上手にコンサルタント会社を活用するのも一つの方法です。

また外国人を求人するだけではなく、コミュニケーション能力の高さを日本人の雇用者に求めるのはもちろん、海外の幅広い視野に向けてた思考能力、海外の価値観の差にポジティブな興味・関心を持って臨機応変に対応できる日本人の雇用者を採用するのも、重要な外国人採用に向けての取り組みになります。