外国人を積極的に採用している日本の大手企業

日本の大手企業では世界的なグローバル化の流れに対応するために、社内公用語を英語にするところが出ています。日本企業では社内公用語を英語とすることで、グローバル人材を育てる動きがあります。

日本の大手の企業の中では国内市場は飽和状態が生まれているために、海外への進出を加速することで企業全体の成長を目指すところが出ています。海外進出を加速している大手企業では、グローバル人材であれば日本人であろうと外国人であろうと関係ない状況が生まれています。そのため、大手企業の中では外国人の留学生を積極的に新卒採用しているところが存在します。外国人を積極的に採用している大手企業としては、まずコンビニ業界があります。大手のコンビニ会社では、アジアなどの海外への出店を加速しています。

そのため、海外で活用ができる外国人を採用し、将来的にはそれぞれの国へ帰って現地の統括マネージャーなどになってくれることを期待しています。次に外国人を積極的に採用している大手企業としては、アパレルの製造小売りメーカーが挙げられます。アパレルの製造小売りメーカーでは、国内の市場では頭打ち状態になってきていることから、中国などの海外での出店を大規模に行っています。

そのため、外国人を採用し、日本の店舗で日本流の店舗経営を学んでもらった後は、海外への店舗での店長として活躍してもらうことを期待しています。その結果として、日本流の経営が世界規模でも展開できるようになる可能性が生まれています。次に外国人を積極的に採用している大手企業では、日本を代表するネット通販会社が挙げられます。IT業界では常に最新の技術を持った人材が必要となりますが、外国人の中では高いIT技術を持った人が多いために積極的に採用する動きが出ています。

また、今後は海外進出も加速していく必要があるために海外の人材を社内に多くすることで、日本人の社員の英語能力などを高める狙いも含まれています。