外国人を採用する際に見るポイント

外国人を採用する時のポイントは言葉です。日本語でコミュニケーションできる人材が好ましいです。外国人の場合は英語を使える人が多いですが、英語だけでは日本のビジネスの慣習は理解できないことがあります。

例えば、敬語を使うのは外国人にとって簡単なことではありません。敬語を使わないでも、取引先とビジネスをすることはできますが、きめ細かな感情のやり取りは難しくなります。日本語は簡単な言葉ではないので、完璧に日本語をしゃべれる人を採用する必要はありません。それでも、意思の疎通がスムーズにできる人をできるだけ雇うことがポイントになります。日本に留学の経験のある人だったら、日本語はある程度話せますし、日本人特有の人間関係も理解している可能性があります。日本への留学の経験があるかどうかを採用の際のポイントにしても良いでしょう。

日本語が喋れない外国人を雇用する必要が出てくるときもあります。その時は英語の能力に注目しましょう。英語のネーティブだったら、英語を自由自在に操ることができるので問題になりませんが、ネイティブでない場合は限定的であっても英語を使って自分の意志が伝えられる人を採用するのが大切です。どの国の人も学校で英語を学んでいるので、英語が全く使えないことはありません。一から日本語を覚えるより、自分が学んだ経験のある英語をコミュニケーションのツールに使うの方法が現実的です。TOEICやTOEFLといった語学のテストの点数が、その人の英語力の目安になります。TOEICだったら、700以上取れる人だったら、英語でコミュニケーションすることができます。

外国人の英語力だけではなく、向かい入れる日本人の英語力も問題になります。すべての社員が英語を話せる必要はありませんが、数人は英語を使ってコミュニケーションができる人材を確保しなければなりません。日本人の場合もTOEICが英語の能力の目安になります。TOEICで700以上取れる人材を確保しましょう。