外国人の就労形態

外国人が日本で労働し賃金を得る場合、様々な就労形態がある事をご存じですか。
最近有名なのは発展途上国から優秀な人材を募集して、日本の農産業を中心とした伝統技術を自国に持ち帰る為の訓練生を募集したり、いわゆる交換留学生のように、企業間での人材交流等も行われています。

賃金を得るという事は所得税を国に納める必要が生じるので、必ず就労ビザを取得して日本に滞在しますが、就労形態は実に様々で、衣食住を提供する代わりに若干安い賃金で働く出稼ぎの人や、前述の様に一定の期間企業同士で交換留学を行うなど、首都圏の一等地で独り暮らしをしながら働く人まで実に様々です。

出身国の経済状況や個人の資産などのバックボーンが大きく影響していますが、共通して言える事は、慣れない文化や言葉の飛び交う中で必死に懸命に働いているという彼らや彼女達を、優しくサポートする体制が重要だと言う事です。

全国津々浦々で働く外国人は大勢います。
地方に行けば行くほど、外国人就労者は目立つ存在で、それが逆にメリットとなり地域の人に支えられて充実した日々を過ごせた、という人もあれば、目立って嫌だという人もいます。こうした受け止め方は人それぞれでどうしようもありませんが、近所に外国人就労者が生活していたら、すれ違う時に挨拶をする、立ち止まって少しだけ最近の様子を話すなど、ごく当たり前に接する優しさを忘れてはいけません。

生活の為に皆頑張っているのは日本人でも外国人でも何ら変わりはありません。慣れない文化圏で働く人程、言葉の壁やストレス、気苦労が多いとも言えます。同じ会社ならフォローも出来ますが、全くの他人だとなかなか踏み込めないケースが多いようです。

あまり気負いせず、気軽にフレンドリーに接してみては如何でしょう。就労期間が満期を迎えれば国に帰る人も多いはずです。

袖で擦り合うも多少の縁とはよく言ったものです。日本の文化を、生活の知恵をシェアするのも楽しいものです。