外国人が望む企業とは

外国人が望む企業とは、日本人が望む姿とはかなり違っていることが多いです。

現在の日本人としては、企業に対しては成果主義よりも安定雇用を希望する傾向が強くなっています。しかし、外国人では日本企業に対して、能力されあれば誰でも出世ができることを希望する傾向があります。そのため、日本に長く存在していた年功序列制は、外国人には受け入れられないことが多くなっています。よって、旧来の年功序列型の企業へ海外の人が入社した場合には、長く企業へ留まってくれることは望み薄と言えます。したがって、外国人に好まれる企業になるには、ある程度の成果主義を持ち込むことが重要となっています。外国人であっても、日本の企業で重要なポストに座ることが可能であることが世の中に伝われば、今後は入社希望者が増える好循環が生まれてくることが期待できます。

次に外国人が望む企業としては、日本独自の技術やサービスを学ぶことができることが挙げられます。日本では世界で最も進んだ技術を保有している業界が多いために、それを学んで自国へ持って帰りたいと考えている人が多くいます。

また、日本では世界でも進んだ接客術があるために、そうしたサービス術を取得したいと考えている場合が出ています。したがって、日本の独自の技術やサービスを外国人でも学べる環境があることが会社に求められています。次に外国人が望む会社としては、自分の国でも事業を展開していることが挙げられます。自分の国でも事業展開をしている場合には、日本で学んだ技術やサービスを自国で役立てることが可能となってきます。場合によっては、自分の国で代表的な立場となって働きたいと望んでいるケースも出ています。

日本の会社の社員であっても、自国のための発展に役立つ仕事ができるならば、良いと考えている人は少なくないです。したがって、日本のグローバル会社などでは、海外の人に求められる職場を与えることができる環境あると考えます。